• プロダクション
  • プロデュース公演
  • SSC
  • Office ZTON

2008年


11月8月5月3月

チラシ

公演写真

公演写真

東放エンターテイメントスクール芸術祭2008 アキコ伊達×コラボエンタフェス参加作品

projectR

「ISUKA」

2008年11月8日〜9日
@クロスロード梅田 全5ステージ
脚本・演出 河瀬仁誌

■STORY

ISUKA再臨。
すべてはここから始った…。
2006年11月に上演されたZTONの源流を
メタルアート×オムニバス神話で
切り口を変えて華麗にリバイバル
第一話「求めよ!ヤサカニノ※タマタマ」
第二話「決戦!ヤタノカガミの暗室」
第三話「その男、イ・ス・カ☆」
第三、五話「新婚初夜は、蜜の味。」
第四話「ふと目があった瞬間ウォウウォウ」
第五話「反乱!分裂!アメーバ!」
第六話「いつか出会うために」

■CAST

<劇団ZTON>
為房大輔、土肥辰也、葛井よう子、焼酎ステラ、河瀬仁誌

<GUEST>
レストランまさひろ(劇団似桜花)、浜崎聡、押谷崇史

■STAFF

舞台:為房大輔、永田陽介
照明:小泉梅子
音響:河瀬仁誌
音響操作:北島淳
衣装:小泉梅子、葛井よう子
小道具:土肥辰也
振付 為房大輔

制作:永濱佑子、焼酎ステラ、沙霧、湯浅千津
宣伝美術:河内木綿
映像撮影:小笠原将人、山田雄太
スチール・web制作:中西栄理

企画・製作 劇団ZTON

■演出より

かつて、神武天皇の息子である、カンヤイミミ皇子(兄)とカムヌナカワミミ皇子(弟)は、天皇に歯向かう謀反人・タタギシミミを退治しに行きました。
しかし、カンヤイミミ(兄)は謀反人と対峙しても、その命を奪うことができませんでした。
結局、カムヌナカワミミ(弟)が謀反人にトドメを刺し、
それを恥じたカンヤイミミ(兄)は王位を継がず、姿を消した…
古事記にはこんなニュアンスが伝えられている。
(旗揚げ公演「易鳥-ISUKA-」パンフレットより)

「ISUKA」の初演はここから膨らんで、話になったが、
今回の再演は、初演の話が更に膨らんで、話になった。
もはや、オリジナルの不在である。

そして、初演とはもはや「別物」
「再演」の意味をはき違えているに違いない。
もちろん、僕、及び、劇団ZTONが。

やはり、初演の頃とは、違う感情なのでしょう。
もちろん、僕、及び、劇団ZTONが。

ちなみに、丁度、一週間後
劇団ZTONは3?周年を迎えます。

本日はご来場ありがとうございます。

▲トップへ戻る

チラシ

公演写真

公演写真

ART COMPLEX 1928提携公演

vol.5

「月黄泉ノ唄」

2008年8月29日〜31日
@ART COMPLEX 1928 全4ステージ
脚本・演出 河瀬仁誌

■STORY

まだ都が京にあり、生と死が近かりし頃
都を脅かすものがあった。
疫病 飢餓 そして「鬼」
月明かりが一条戻橋を照らす夜、ひとはあやかしと出会う。
満月のもとで対峙する死せるものたちと生ける者たち。
その魂の行き着く先は—。

■CAST

<劇団ZTON>
 土肥辰也、焼酎ステラ、為房大輔、永田陽介 、葛井よう子

<GUEST>
 上田直人(The Rabbit Gang Troupe)、レストランまさひろ(劇団似桜花)、
 井上誠、増田ひとみ、蜜比呂人(DIAMON☆MANGO)、こみちみちこ、
 押谷崇史(劇団求Q舎)、あんずっこ(劇団月光斜)、
 天川隆士(劇的集団忘却曲線)、浜崎聡、酒井信古(劇団火群)、重松よしこ

■STAFF

舞台:為房大輔、永田陽介
照明:小泉梅子
音響・作曲:河瀬仁誌、土肥辰也
衣装:小泉梅子、葛井よう子
小道具:土肥辰也
振付:為房大輔

制作:永濱佑子、焼酎ステラ
宣伝美術:河内木綿
映像撮影:小笠原将人、山田雄太(劇団月光斜)
スチール・web制作:中西栄理

提携:ART COMPLEX 1928
企画・製作:劇団ZTON

■演出より

本日は、暑い中、ご来場頂き誠にありがとうございます。
『月黄泉ノ唄』の原案は、2年前のZTON旗揚げ時にできたものであります。
いつかやりたい。やりたいと思いながら、遂に上演となりました。
しかも、ART COMPLEX 1928・ここは私にとって、京都小演劇界のメッカなのです。

…と・固いのはここまで。

やっぱりさ、気負うんだよね。メッカに巡礼に行くのって。別にムスリムじゃないけど。
ある程度の身だしなみと、礼儀は必要なわけじゃない?決められた型ってやつですよ。
そういうのに、風穴開けるべく作った劇団ZTONだったわけだけど、
気がついたら、私、正装してました。

先日、正装して歩いている私に、劇団員の永田くんが言い放ったのです。
「ダサい」
は!?すっかり、忘れていた!
そうさ、メッカ巡礼に必要なのは、心意気。見た目じゃないの。中身なの。
私、脱ぎました。すっぽんぽんになりました。

そこで、初めて思い出したのです。2年前のあの頃を…。

俺、「風刺劇」が一番好きじゃん?
もちろん、エンターテイメント作品も「ある意味」好きだけどね。ハリウッドとか。
だけど、それだけじゃ物足りない。だって、飽食の時代じゃない?
な・の・で、今回はそんな「飽食劇」です。
自分で何を書いているか分かりませんが、
多分、そういうことなんです。
いくつものカミを重ねた上にあるオリジナル。
いくつもの模倣の上にあるオリジナル。
いくつもの現実の上にあるオリジナル。

きっと、世界はそういうことなんです。
断食なんて、とてもじゃないけどできそうにありませんね。
『月黄泉ノ唄』どうぞ、ご賞味ください。

▲トップへ戻る

チラシ

公演写真

公演写真

ロクソドンタフェスティバル2008参加作品

vol.4

「うつろひ双紙」

2008年5月17日〜18日
@ロクソドンタブラック 全4ステージ
脚本・演出 河瀬仁誌

■STORY

大和の時代—
鬼と呼ばれる人々が跋扈し、彼らを討伐する大和の軍が各地に派遣されていた時代。
二人の若者、ワカタケとサシマは大和の兵士として活躍していた。
物語は彼らの記憶と絡み合い、過去と現在を重ねて、交わっていく。かつて滅ぼした鬼の娘の面影と共に…
戦火の中、二人は戦う。—忘れられない景色をもう一度見る、為に。
誰もが知る物語—「歴史」の、誰も知らない部分を鮮やかに描き出す、劇団ZTONの御伽草紙。
古きを知りてなお新しい、新鋭のエンターテイメントを刮目してご覧あれ。

■CAST

<劇団ZTON>
 永田陽介 、焼酎ステラ、永濱佑子、為房大輔、土肥辰也、葛井よう子、河瀬仁誌

<GUEST>
 天川隆士、レストランまさひろ(劇団似桜花)、蜜比呂人(DIAMOD☆MANGO)

■STAFF

舞台:為房大輔、永田陽介
照明:小泉梅子
音響・作曲:河瀬仁誌、土肥辰也
音響操作:小西祐輔
衣装:小泉梅子、葛井よう子
小道具:土肥辰也
振付:為房大輔

制作 永濱佑子、焼酎ステラ
宣伝美術 河内木綿
web制作 中西栄理

企画・製作:劇団ZTON

▲トップへ戻る

チラシ

公演写真

公演写真

vol.3

「沙羅双樹のハムレット」

2008年3月6日〜9日
@京都市東山青少年活動センター 創造活動室
原作 W.シェイクスピア  脚色・演出 河瀬仁誌

■STORY

時は鎌倉—
二代目将軍源義家の子、公暁は何も知らなかった。
父の死の理由も、自らの処遇も、恋も、人も。
彼のもとに現れた一つの”嘘”が、すべてを呑み込み、すべてを壊す…!
最後に残るのは、生か死か 恋か復讐か 真実か、それとも虚構か…?
シェイクスピアの名作「ハムレット」を大胆アレンジ!
ZTONが斬り拓く新境地!和装シェイクスピアの世界を、とくとご覧をあれ。

■CAST

<劇団ZTON>
 為房大輔・焼酎ステラ・土肥辰也・永濱佑子
 葛井ようこ・永田陽介・河内木綿

<GUEST>
 レストランまさひろ(劇団似桜花)・蜜比呂人(DIAMOND☆MANGO)

■STAFF

舞台:為房大輔、永田陽介、天川隆士
照明:小泉梅子
音響:河瀬仁誌
衣装:小泉梅子、葛井ようこ
小道具:土肥辰也
振付:為房大輔

制作:永濱佑子、焼酎ステラ、湯田祥子(集団ATP)
宣伝美術:河内木綿
情報宣伝:あんずっこ(劇団月光斜)
映像撮影:山田雄太
web制作:中西栄理

共催:公益財団法人京都市ユースサービス協会
企画・製作:劇団ZTON

■演出より

原作はシェイクスピアさんってことで、
前回、為房が書いた「阿修羅乃華」をproject Tとしたように、
ProjectSって、しようかと思ったんですが、
シェイクスピアさんは、ZTONの人ではないし、
何よりややこしいのでproject扱いをやめて、本公演という形で
シェイクスピアの「ハムレット」を上演することになりました。

何より、シェイクスピアの「ハムレット」をZTONでやるって決まった時
一番ビビったのは、僕自身であります。
自分でやろうって言い出したのに。
まぁ周りの団員達がエヴァンゲリオンの如く暴走した僕を
止めてくれると思っていたのです。
気がついたら、皆、エヴァンゲリオンでした。

シェイクスピアさんといえば、まさしく芝居界の大大大先輩ですよ。
そんな大先輩の書いた本を、いくら著作権が切れているからって、
いくらやってみたかったって、いくらいくらいくら…etc.
そして、本人が見に来るかもしれないと思うとガクガクブルブルですよ。
そう、今回の「沙羅双樹のハムレット」見にきはるんですよ、シェイクスピアさんは。
シェイクスピアさんは、霊体だから、全ステージ無料でご観劇なさるのです。

いやぁ、なんて言われるか分からないッスよぉ。
シェイクスピアさん怖いッスよぉ。
もし、皆さんの近くで、シェイクスピアさんが陰口を叩いたら教えてください。
とりあえず謝ってから塩まいておきます。
あと、僕の脳にも。

本日はご来場ありがとうございます。
和装シェイクスピアの世界、どうぞ楽しんでいって下さい。

▲トップへ戻る