「ソラノ国ウミノ国」から3年──

劇団ZTON、渾身の本公演



チラシ

【演目】
 劇団ZTON vol.15
 「赤星~akaboshi~」

【日程】
 2022年12月2日(金)〜4日(日)
 
【会場】
  in→dependent theatre 2nd
 (〒556-0005 大阪府大阪市浪速区日本橋4丁目9-5)

【チケット料金】
  coming soon・・・

【チケット取り扱い】
  coming soon・・・

【キャスト】
  <劇団ZTON>
   為房大輔
   高瀬川すてら
   図書菅
   澤﨑真矢
   やまぐちけい

  <GUEST>
   和泉有真(げきとん/gekitong)
   笠松遥未(Z system)
   佐倉こうめ
   maechang(BLACK★TIGHTS/Sword Works)
   若木志帆(劇団 暇だけどステキ)

    and more…

  7/1(金)にキャスト発表第二弾、
  8/1(月)に第三弾をそれぞれ公開予定!


【スタッフ】
 脚本・演出:為房大輔
 主催:劇団ZTON

  and more…

【チケット・公演に関するお問い合わせ】
 劇団ZTON
 MAIL:info@office-zton.com
 TEL :080-4019-0481(劇団)
 ※ご連絡の折り返しのため、非通知設定を解除しておかけください。



【あらすじ】



神秘の大地、白の国。
豊かな土地に恵まれたこの国には、一つの決まり事があった。

"赤き印をその身に持ちて生まれし者、
その生を、無きこととせよ"


赤い刻印を持って生まれた赤子は、
その日のうちに最果ての地"ムナ"へと捨てられる。
その地に伝わる呪われし赤子『赤星』の風習。

人々は赤星を認識しながら、
その存在を自分たちの中から消したのである。

白の国を作り上げた始祖の血族。
赤星が決して生まれることのない神聖な王族は、
白の国の象徴であり、その血は絶対的なもの。
忌むべき存在─赤星とは対照に、
その血が生まれ落ちることは、誰にとっても希望であった。

──その日、王妃に一人の子が生まれた。

これは、太陽が昇る物語。